HOME > 専門医認定試験について > 2017年認定試験について

平成29年(2017年)に専門医認定資格試験を受験される方へ

臨床遺伝専門医制度規則および臨床遺伝専門医制度施行細則により、臨床遺伝専門医認定申請を下記の通り受け付けます。

受験申請資格

次の各号に定めるすべての資格条件を具えているもの

1) 申請時に継続して3年以上、日本人類遺伝学会あるいは日本遺伝カウンセリング学会の会員であること
2) 指導責任医あるいは指導医の指導を受けながら、臨床遺伝の研修を3年以上行い、遺伝カウンセリングを含む遺伝医療を実践していること
3) 遺伝医学に関係した学術活動(論文発表、学会発表等)を行っていること
4) 臨床遺伝専門医到達目標に記載されている能力を有すること
5) 日本専門医機構の定める基本的領域の学会の専門医あるいは専門医制度委員会が定める専門医(認定医)であること

制度規則制度施行細則をご確認ください

提出書類

署名欄を除き、すべてプリンターで印字してください。
以下リンクよりダウンロードしてください。

1. 臨床遺伝専門医 受験申請 提出書類チェックシート
2. [様式1-2-1] 臨床遺伝専門医認定試験申請書
3. [様式1-2-2] 臨床遺伝専門医認定試験申請用履歴書
4. [様式1-2-3] 指導責任医または指導医による研修証明書
5. [様式1-2-4] 認定研修施設に在籍する医師用
6. [様式1-2-5] 認定研修施設以外の施設に在籍する医師用
7. [様式1-2-6] 論文リスト
8. [様式1-2-7] 20症例のリスト
9. [様式1-2-8] 症例詳記
10. 上記(1~9)書類一式のコピー 各2部
11. 受験票
12. 医師免許証のコピー

研修記録用紙記入の手引き

症例リスト記入例

症例詳記記入例

申請方法

1) 認定審査料(\30,000)の振込み

下記口座にお振込みください。
みずほ銀行 旭川支店 普通預金 1179064
口座名:臨床遺伝専門医制度委員会 委員長 蒔田 芳男 (マキタ ヨシオ)

※お名前の後に必ず専攻医番号下4桁をつけて個人名でお振込みください。個人名以外のお振込みの場合、申請期間内に申請者の確認ができず、審査が受けられない場合があります。

2) 委員会が定める提出書類にて申請すること

送付先:
〒102-8481 東京都千代田区麹町5-1 弘済会館ビル 株式会社コングレ内
臨床遺伝専門医制度委員会 委員長 宛
申請期間 平成29年(2017年)4月3日(月)から5月31日(水)【事務局必着】
※期限を過ぎて到着した場合には、いかなる理由があっても本年度の受験受付はできませんので充分ご注意ください。なお、期限内に到着しても、書類の不備がありますと訂正・再提出等の手続きに時間がかかり、本年度受験できない場合もありますので、時間的に余裕を持って申請してください。
試験日時 平成29年(2017年)9月30日(土)、10月1日(日)
筆記試験:時間未定
面接試験:時間未定
※受験者数によって10月1日のみ、または9月30日・10月1日の両日で行う場合があります。
※6月30日(金)までに日時の案内を掲載します。
※面接終了時間は、受験者数の影響が大きく、現状では確定できません。遠方の受験者は後泊の可能性も含めて日程の確保をお願い申し上げます。
会 場 東京女子医科大学
〒162-8666 東京都新宿区河田町8-1
試験について

1) 筆記試験は記述問題と選択問題40問で、各科共通の基礎的な問題を中心に出題されます。専門医として当然知っているべきコア知識を問う問題です。筆記試験はマークシートで行いますのでHBより濃い鉛筆と消しゴムをご持参ください。
2) 面接試験はロールプレイと一般面接で、時間は約30分間です。 ロールプレイは事前にお送りする事例集のなかからあらかじめ1症例をお選びいただき、遺伝カウンセリングロールプレイ形式(受験者が医師役、面接官がクライアント役)で行います。
一般面接は受験者の遺伝医療への関わりの程度や基本的知識を問う内容です。

【注意】 受験票・試験会場の詳細及び面接試験の事例集等は受験申請者に対して8月中旬頃に発送予定です。受験申請をしたにもかかわらず、8月31日(木)までに書類が届かない場合は、事務局までお問い合わせください。

書類審査結果 年内に申請者あて郵送にて通知します。
※今回の試験において筆記試験・面接試験のどちらか一方が不合格だった場合、合格課目の有効期限は2年間(翌年・翌々年まで都合3回)となっています。

過去問題集CDをご希望の方へ


平成28年(2016年)臨床遺伝専門医認定試験 実施結果

■合格率について
受験者67名筆記面接合格者 41名(合格率61.2%)
筆記のみ合格者 14名
面接のみ合格者8名

■筆記試験問題
正答率と識別指数を用いた項目解析の結果「問題42」のみ採点対象外としました。

■面接試験不合格ケース
個人向けのフィードバックとして、面接員からのコメントを記載しておりますのでご参照ください。


平成28年(2016年)専門医認定資格試験 日程のご案内

2016年臨床遺伝専門医認定資格試験の日程を下記の通りお知らせいたします。

試験日時 平成28年(2016年) 9月 24日(土)
筆記試験:10:00~11:30
面接試験:12:00~17:30
※9月24日、1日のみの日程で行います。(9月25日は試験がありません)
※日程の決定が遅れ受験者の皆様には、ご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。
※遠方の先生は後泊の可能性も含めて時間に余裕をもった旅程の設定をお願い申し上げます。
会 場 東京女子医科大学
〒162-8666 東京都新宿区河田町8-1
試験について

1) 筆記試験は記述問題と選択問題40問で、各科共通の基礎的な問題を中心に出題されます。専門医として当然知っているべきコア知識を問う問題です。筆記試験はマークシートで行いますのでHBより濃い鉛筆と消しゴムをご持参ください。
2) 面接試験はロールプレイと一般面接で、時間は約30分間です。 ロールプレイは事前にお送りする事例集のなかからあらかじめ1症例をお選びいただき、遺伝カウンセリングロールプレイ形式(受験者が医師役、面接官がクライアント役)で行います。
一般面接は受験者の遺伝医療への関わりの程度や基本的知識を問う内容です。

【注意】 面接日については9月上旬頃までに個別にご連絡する予定です。受験票・試験会場の詳細及び面接試験の事例集等は受験申請者に対して8月中旬頃に発送予定です。受験申請をしたにもかかわらず、8月22日(月)までに書類が届かない場合は、事務局までお問い合わせください。


平成28年(2016年)に専門医認定資格試験を受験される方へ

臨床遺伝専門医制度規則および臨床遺伝専門医制度施行細則により、臨床遺伝専門医認定申請を下記の通り受け付けます。

受験申請資格

次の各号に定めるすべての資格条件を具えているもの

1) 申請時に継続して3年以上、日本人類遺伝学会あるいは日本遺伝カウンセリング学会の会員であること
2) 指導責任医あるいは指導医の指導を受けながら、臨床遺伝の研修を3年以上行い、遺伝カウンセリングを含む遺伝医療を実践していること
3) 遺伝医学に関係した学術活動(論文発表、学会発表等)を行っていること
4) 臨床遺伝専門医到達目標(以下到達目標という)に記載されている能力を有すること
5) 日本専門医機構の定める基本的領域の学会の専門医あるいは専門医制度委員会が定める専門医(認定医)であること

制度規則制度施行細則をご確認ください

提出書類

署名欄を除き、すべてプリンターで印字してください。
以下リンクよりダウンロードしてください。

1. 臨床遺伝専門医 受験申請 提出書類チェックシート
2. [様式1-2-1] 臨床遺伝専門医認定試験申請書
3. [様式1-2-2] 臨床遺伝専門医認定試験申請用履歴書
4. [様式1-2-3] 指導責任医または指導医による研修証明書
5. [様式1-2-4] 認定研修施設に在籍する医師用
6. [様式1-2-5] 認定研修施設以外の施設に在籍する医師用
7. [様式1-2-6] 論文リスト
8. [様式1-2-7] 20症例のリスト
9. [様式1-2-8] 症例詳記
10. 上記(1~9)書類一式のコピー 各2部
11. 受験票
12. 医師免許証のコピー
13. 返信用切手500円分

研修記録用紙記入の手引き

申請方法

1) 認定審査料(\30,000)の振込み

下記口座にお振込みください。
みずほ銀行 旭川支店 普通預金 1179064
口座名:臨床遺伝専門医制度委員会 委員長 蒔田 芳男 (マキタ ヨシオ)

※お名前の前に必ず会員番号をつけて個人名でお振込みください。個人名以外のお振込みの場合、申請期間内に申請者の確認ができず、審査が受けられない場合があります。

2) 委員会が定める提出書類にて申請すること

送付先:
〒102-8481 東京都千代田区麹町5-1 弘済会館ビル 株式会社コングレ内
臨床遺伝専門医制度委員会 委員長 宛
申請期間 平成28年(2016年)4月1日(金)から5月31日(火)【事務局必着】
※期限を過ぎて到着した場合には、いかなる理由があっても本年度の受験受付はできませんので充分ご注意ください。なお、期限内に到着しても、書類の不備がありますと訂正・再提出等の手続きに時間がかかり、本年度受験できない場合もありますので、時間的に余裕を持って申請してください。
試験日時 平成28年(2016年)9月24日(土)、25日(日)
筆記試験:時間未定
面接試験:時間未定
※受験者数によって24日のみ、または24日・25日の両日で行う場合があります。
※6月第2週には日時の案内を掲載します。
※面接終了時間は、受験者数の影響が大きく、現状では確定できません。遠方の受験者は後泊の可能性も含めて日程の確保をお願い申し上げます。
会 場 東京女子医科大学
〒162-8666 東京都新宿区河田町8-1
試験について

1) 筆記試験は記述問題と選択問題40問で、各科共通の基礎的な問題を中心に出題されます。専門医として当然知っているべきコア知識を問う問題です。筆記試験はマークシートで行いますのでHBより濃い鉛筆と消しゴムをご持参ください。
2) 面接試験はロールプレイと一般面接で、時間は約30分間です。 ロールプレイは事前にお送りする事例集のなかからあらかじめ1症例をお選びいただき、遺伝カウンセリングロールプレイ形式(受験者が医師役、面接官がクライアント役)で行います。
一般面接は受験者の遺伝医療への関わりの程度や基本的知識を問う内容です。

【注意】 面接日については9月上旬頃までに個別にご連絡する予定です。受験票・試験会場の詳細及び面接試験の事例集等は受験申請者に対して8月中旬頃に発送予定です。受験申請をしたにもかかわらず、8月22日(月)までに書類が届かない場合は、事務局までお問い合わせください。

書類審査結果 年内に申請者あて郵送にて通知します。
※今回の試験において筆記試験・面接試験のどちらか一方が不合格だった場合、合格課目の有効期限は2年間(翌年・翌々年まで都合3回)となっています。

ページトップへ戻る