HOME > 臨床遺伝専門医制度について

臨床遺伝専門医制度について

遺伝医学研究の進展に伴い、遺伝子情報の医療への導入は不可避な時代となってまいりました。臨床遺伝専門医はすべての診療科からのコンサルテーションに応じ、適切な遺伝医療を実行するとともに、各医療機関において発生することが予想される遺伝子に関係した問題の解決を担う医師であり、次項の能力を有することが期待されています。

1)遺伝医学についての広範な専門知識を持っている。
2)遺伝医療関連分野のある特定領域について、専門的検査・診断・治療を行うことができる。
3)遺伝カウンセリングを行うことができる。
4)遺伝学的検査について十分な知識と経験を有している。
5)遺伝医学研究の十分な業績を有しており、遺伝医学教育を行うことができる。

臨床遺伝専門医制度委員会委員一覧
制度規則
制度施行細則
到達目標(総論)
到達目標(各論)
医学部卒前遺伝医学教育モデルカリキュラム

認定研修施設一覧
全国臨床遺伝専門医・指導医・指導責任医一覧
お問合わせ先一覧